結婚相手

理想の結婚相手を見つける為に絶対に押さえておきたい7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
理想の結婚相手

あなたにとって理想の結婚相手とはどんな人ですか?

「今お付き合いしている彼」「優しい人」「経済力がある人」「男らしい人」「イケメンは外せない!」

人それぞれ、結婚相手に求める条件はいろいろ思い浮かぶのではないでしょうか。

男性

しかし、ここで少し改めて考えてみてください。

 

結婚ですよ?理想の結婚相手ですよ?

結婚相手を選ぶということは一生のパートナーを見つけるということです。

あなたが先ほど思い浮かべたことは果たして本当にあなたが結婚する上で

必須の条件なのでしょうか。

「一生一緒」

まさに結婚相手とは一生を共に歩んでいくパートナーです。彼とはまた違うのです。

この記事では、彼氏ではなく結婚相手、旦那さんにするべき男性を見つける為に絶対に押さえておきたいポイント個をお伝えします。

男性の皆さんには、きっと理想の結婚相手になるためのヒントがぎっしり書かれていますので

女性から「この人!」と思われるパートナーになるためのヒントとしてください。

 

一生一緒の理想の結婚相手を手に入れる為に必要なポイント

世の中も変わり女性が一人で生きていくのも一昔前よりは難しくなくなってきました。

しかし、頼れる一人の男性を見つけて人生を共にするのも得策ですよね。

気軽に結婚して激しい後悔を招くこともあります。

「なんでこの人と結婚しちゃったんだろう」

と後悔しないために、次の点に注目して理想の結婚相手を探してみてください。

 

あなたのことをしっかり見てくれているか

一人孤独な人

どれだけ相手の男性があなたのことを「好き」だと言ってくれていても、あなたの本性を見せた途端に幻滅されて離婚を突きつけられる可能性はあります。

例えば「性格が好き」だという人は長く一緒にいる間に垣間見えるあなたの一面に対して幻滅する可能性がありますし、「外見が好き」だと言う人は結婚後にすっぴんやリラックスした普段着姿を見て幻滅する可能性もあります。

相手の男性が本当にあなたのことをしっかり見てくれているか。後になって「こんな女性だとは思わなかった」と言って別れを切り出してこないかを今一度真剣に考えてみてください。

また、本当に結婚相手として一生のパートナーとして相手の男性のことを考えているのなら、あなたは彼に対して嘘をつくべきではありません。

万が一、彼に嘘をついたまま結婚をしてそれが彼にバレてしまったら、男性は「騙された」と心底失望するでしょう。

あなたが幸せな夫婦生活を送るためにも、相手の男性には出来るだけあなたのことを包み隠さず知っておいてもらう必要があります。

 

一生一緒に暮らせる経済力はあるか

お金の話かと何だかいやらしく聞こえるかもしれませんが、結婚相手の経済力が重要なのもまた事実。

結婚後は、多くの場合が夫婦二人の経済力を合わせて生活していきます。

そんなとき、著しく経済力に問題があれば金銭問題で夫婦間でトラブルが起きてしまうことが容易に想像できます。

例えば、あなたがどれだけ頑張って働いていたとしても女性には妊娠や出産等で働きたくても働けないといった期間が訪れる可能性も十分にあります。

そんな時に、相手の男性の経済力に問題があればあなただけでなくあなたの赤ちゃんにまで迷惑がかかってしまいます。

妊娠や出産だけではなく、いつ予期せぬアクシデントでお金が急に必要になるか分かりません。

将来のことをずっと先まで見据えた上で、結婚相手の経済力を把握しておくということはとても大切です。

 

男性の経済力を見るために、次の点に注目してみましょう。

  • 勤務する会社(倒産しないか、安定した会社か)
  • 就労環境(体を壊さないか、辞めることにならないか)
  • 雇用形態(アルバイトか正社員か)

 

相手の価値観を受け入れられるか

仲睦まじい傘

価値観というのは十人十色。

自分の価値観とぴったり合うような人を見つけることは難しいことです。

そこで重要になってくるポイントを一つ。

「相手の持つ価値観を許せるか?」

 

あなたがもし、自分と違う価値観でも、

「こんな考えもあるのか」と受け入れることができるのであれば、

むしろあなたの視野を広げてくれる良きパートナーになるでしょう。

逆に絶対に受け入れることができない価値観を持つ相手とは、

結婚後、必ず一緒に過ごすのが苦しくなってしまいます。

男性の価値観を見る上では特に次の点に注意してみましょう。

 

金銭感覚

結婚後は生計を相手と一緒にするということも多いでしょう。そこで特に重要になってくるのが、この金銭感覚はです。ギャンブルの趣味はないか、倹約家なのか浪費家なのか。お金をどのように使っているのかをしっかり確認しましょう。

食事の仕方

結構気になってくるのがこの食事についてです。

相手は何を望んでいるのでしょう。味?それとも見た目でしょうか。はたまた量かもしれません。

あなたが一生懸命綺麗に盛り付けたところで量が少なくいつも不満に思われていたとしたら?

その小さなすれ違いが大きな亀裂になっていってしまうかもしれません。

また、クチャクチャと音を立てて食事をする方も結構います。

相手に手料理を振る舞う場面を想像しながら、相手と一緒に食事をしてみてください。

物の扱い方

持っている靴や鞄などの手入れ具合、持ち物の扱い方を観察してみましょう。

もしも物を乱暴に扱っているような人であれば、結婚後も夫婦で共有の物に対して同じ扱いをします。

さらに言えば、あなたに対しても同じような扱いをする可能性も高くなるでしょう。

相手の物の使い方が許せるかどうかをよく考えてみましょう。

対人関係への意識

あまり気づきませんがこれも重要な点です。

対人関係への意識は、関わった人に対してその場限りの付き合いで終わらせがちな人もいれば、その後何度も連絡を取り合って付き合いを長引かせる人など様々です。

結婚後は夫婦での共通の知人や親戚が多くできます。

結婚相手の男性が対人関係にどんな意識を持っているのかを知っておくことで、共通の知人への接し方や相手男性の知人への接し方で揉めることを防ぐこともできます。

 

相手の様々な面を見たか

結婚をする前には出来るだけ多く相手の一面を知っておきましょう。

様々な面を見ておくことで結婚後のトラブルを防ぐことができます。

あなたの前では本当の姿を見せてくれないかもしれません。

あなたに好意を寄せているのであれば、それはごく当たり前のこと。

格好つけたいですから。

 

相手の本当の一面は次のような場面で見られるかもしれません。

知人と接っする時(汚い、荒い言葉遣いになる・偉そうになるなど)
お酒を飲んだ時(女癖が悪くなる・手を出してくるなど)
お店での注文や商品を買う時(店員に対して横柄・やたらとクレームをつけるなど)
車を運転する時(言葉遣いが荒くなる・乱暴な運転をするなど)

 

相手の趣味を許容できるか

ノックアウト

お見合いの場面などで、よく見うけられる

「ご趣味は?」

実際、相手の趣味を知ることは結婚をする上で重要な要素の一つになります。

趣味によってはパートナーの協力が必要不可欠なモノもありますし、自分の趣味というモノは相手に共感して欲しくなるのも珍しくありません。

一緒にやろうと強制してくる方もいますし、あなたが許容できないような趣味であればトラブルの元にもなります。

お金のかかる趣味
パートナーの協力がないとできない趣味
人にあまり知られたくない趣味
趣味は人によって様々。趣味を生き甲斐としている人もいるぐらいで、結婚後にもその趣味を続けていくかもしれません。趣味に没頭するあまりパートナーを放ったらかしにしてしまうこともあります。

逆に、あなたも一緒に楽しめるようなモノであれば、より一層相手との絆も深まり共通の趣味として良い効果をもたらしてくれます。

もしも相手の趣味を聞いて、あなたが許容できないと判断するのなら今一度相手の方と話し合ってみましょう。

相手の趣味が自分たちの夫婦生活にどんな影響を与えるのかを二人でよく考えて楽しい結婚生活を送りましょう。

 

家族・家庭環境はどうか

相手がどんな家族の中で育ってきて、どんな幼少期を過ごしてきたのか。

これはあなたがパートナーと生活していく上で手助けになる情報があるかもしれません。

自分に子どもが出来たとき、自分がされてきたのと同じようにして子どもを育てる親もいます。

自分が十分な愛情を受けて育ってこなかったと感じている人の中には、

自分の子供には絶対に同じ思いをさせまいと愛情いっぱいに子育てをする方もいます。

また、結婚をするということはあなたが相手の、相手があなたの家族の一員になるということです。

相手との相性だけではなく相手の家族との相性もしっかり考えておきましょう。

 

万が一別れた場合、ストーカーにならないか

別れた時のことなんて幸せ一杯の時期にはまず考える人はいないでしょう。

しかし、別れた後にストーカーになりそうかどうかは非常に注意して考えておきたいポイントです。

あなたのパートナーが、付き合っている時からストーカーになりそうかどうか。

これは通常わかりませんよね。

愛する人が自分から離れていってしまった時に恐ろしい本性を見せてくる、それが怖いところです。

以下に挙げる特徴がある男性は隠れた本性があるかもしれません。

  • 自分の努力を相手に認めてもらえないと不機嫌になる
  • 束縛が激しくあなたのことを管理したがる
  • あなたのことを自分のステータスの一部として周囲の人に自慢したがる

別れを切り出した瞬間、あなたを手放すことを拒み、ストーカーになってしまうかもしれません。

ストーカーにならずともDVに発展することもあります。

いずれにせよ、あなたのパートナーにストーカーになるような要素がないか、常日頃から、仕草や言動に注意しておいて損はないでしょう。

 

まとめ

小さなヒーロー

結婚相手はあなたの一生涯のパートナーです。

彼氏、彼女とは違うんだということをはっきりと理解しておきましょう。

お付き合い中から、相手の本性を少しでも理解できるように

観察し、お互いの絆を深めていきましょう。

一時の相手ではなく、あなたの人生を共に歩むパートナーであり

良い時も悪い時もあなたの支えであるような人であるかどうかを

将来を見据えてしっかりと見極めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*